2010年06月28日

赤ちゃん返り?

二人目を産むと、上の子がお母さんのattentionをもっと欲しくて赤ちゃん返りするというのをよく聞きます。

いつも寝かしつけは私がしているのですが、今週は仕事や勉強で、たいちゃんが夜寝付いてから、家に着くといった日が2日ほどありました。そんな日があると、たい坊は赤ちゃん返りをします。

やはり寂しい思いをさせてしまっているのですね...。

週末は朝からだっこを始終せがみ、片時も私から離れようとしません。
トイレに入るのでちょっとドアを閉めてみたら、もう大泣き。

朝、ちょっとそこまで買い物に連れて出たら、歩こうとせずに、「だっこ!!」とねだる。
2リットルの牛乳片手、タイ坊を片手状態です。

一日中こんな状態も辛いと思っていたところ、ちょうど友人のまっつんさんより急なお誘いが。
「たこ焼きランチするからこない?」と。
喜んでおじゃまさせていただきました。

たい坊もやっぱりお友達と遊ぶのが楽しいようで、私から離れて遊びに夢中の模様。

関西出身の人はおうちでたこ焼きをよく作るようですね。
手さばきがプロっぽかった!

それにしても男の子は元気がいいわ。
2歳前後の男の子3人で家の中を走りまわっておりました。

食べてる時だけ静かなのよねぇ。



遊びつかれたのか、お家について、ちょっと静かだなーと思っていたら、ソファで居眠り。
おいおい、この体勢なんだかオヤジのようね!?



posted by Ayako at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

新しい仕事

先日新しい仕事の事を始めた事をちょこっと書きましたが、今日はちょっと詳しく書こうと思います。
ここ3年くらい私は、金融系の会社で働いており、秘書的仕事(日本人ボスとカナダ人ボスがいるので、その両方のサポート)や給与関係の経理などの仕事をしていました。


そして家族が増えてから、政府関連の仕事(Government系)の仕事を目指すようになりました。
やはり安定した給与と最高水準の福利厚生があるからです。以前はそんなものはどうでもよくて、やりがいがあるもの、自分がやりたいことをまず第一に考えていましたが、家族の幸せを考えたり、この世界経済を見てきて少し変わってきました。
いや、でもやっぱり自分がやりたい事でないと意味がありません。

Governmentの仕事の中で自分が携わりたい分野はやっぱり経験のある教育関連だったため、それに絞って探していました。

今回仕事をゲットしたのは、州立大学でのお仕事です。

大学で働いているととても感化されます。私も一生を通じて何か常に学んでいきたいと思っているので、いろいろなプログラム、コースを見たりしていると私も大学生に戻りたくなります。

こういった政府関連の組織は、始めからフルタイム、パーマネントポジション(正社員)をゲットすることが非常に難しいのが現状で、しかも私は移民なので、現地人に比べると不利な要素が多いです。

正社員になるのは、倍率がとても高いのですね。
でも精一杯頑張りますわ。見守っててください。


今まで勤めていた会社も、大学の仕事の忙しさと相談しながら少し続けています。家でもできる仕事も多いので。

今週大学では、卒業式が行われていました。なにせ大規模な大学なので、学部ごとに午前午後と一日二回やっても全部終了するのに一週間がかかります。

私も今週はこのconvocationのヘルプでてんてこまいでした。立ち仕事したの、コーヒーショップでバイトしてた時以来だなー。
昔は全然平気だったのに、今きっつい。年取ったねー。


Simon Fraser Universityです。



posted by Ayako at 15:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

ドラマ「mother」



Mother [DVD]

Mother [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD





ドラマ「mother」って見てますか?

昔懐かし「東京ラブストーリー」などの数々のヒットドラマを手がける坂元裕二脚本で、松雪泰子主演のドラマです。

何気なく見始めたドラマでしたが、そのストーリー展開に引き込まれまくり。
今週は最終回ひとつ手前の回だったのですが、あまりにも号泣しすぎて、軽く呼吸困難になりました。

テーマは「母性とは」。
家庭内暴力、虐待。現代社会の深刻な問題も描いています。

なんかね、俳優陣がものすごく上手い。
その中で、ベテラン俳優達の中で引けをとってないのが、5歳の子役、芦田愛菜ちゃん。
5歳でああいう演技できちゃうの? 5歳って小学生前だよね?
私ゃ、何度この子に泣かされただろう....。

もう来週の最終回が気になってしょうがない。このような重いテーマをどういう結末にもっていくのか。
どうかハッピーエンドになってください...。
posted by Ayako at 14:23| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

穴があったら入りたい

最近とても忙しくてブログを書く時間があまりなかったのですが、今日衝撃的な事件が起こったので、書かずにいられません。


穴があったら入りたい....。

今日職場でトイレに入っていたら、用を足し中、ドアを開けられました....(ロ゛)。

しかも男性に....。

小学生じゃあるまいし、いっぱしのレディがですよ。
ありえないですよ。
ああ、考えただけで恥ずかしい。消えてしまいたかった...。
恥ずかしいといいながら、ブログで公表している私ですが...。
一日中、この事思い出してはブルーになってる私です。

人間は本当にショックだった時、あまり声がでないんだということが判明。
がちゃっとドアを開けられた瞬間、
「あっ( ̄□ ̄;)」 としか声がでませんでした。

開けた本人も何がなんだか分からない様子。1秒考えた後、
「I'm sorry!!!!!」と逃げていきました。

あのトイレのドアがいけないんだよ!!ドアの取っ手のところに鍵がついてたんです。そこは閉めました。それはフェイクだったらしい。
よく見たら、もうひとつその上に本当の鍵があったの〜〜〜!!!
幸い、その開けた人の顔は見たことない。あの人、違う部署のスタッフかな、関係者かな。ま、でかい組織だし、もう会うことはないだろう(希望)。


気を取り直して、タイ坊の話題。
すくすく育ってます。
最近のタイ坊はまるでオウムのよう。私のマネをよくします。
ちゃんと言えてないところがカワイイ。

外から帰ってくると「ただいま〜!!」。
朝起きたら「おはよう〜(おはようと言えず「はよ」と言ってる)」
など挨拶もできるようになってきました。

でも生意気に「No!No! No way!!」とか言ったりするの!
No Way!なんて言葉どっから覚えてきたんだか。

そうそう、ガールフレンドとの とってもほほえましい写真があったからのせときます。手なんかつないじゃってマス。






posted by Ayako at 14:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。