2010年05月31日

ナイトマーケット

いけない、いけない。
最近アップデートするの忘れてた。

先週は、リッチモンドにあるナイトマーケットに行きました。
日本の夜店みたいなもの。
夜店ってわくわくするよねぇ。小、中学校の頃おこずかい握りしめて夜店で食べ物買って食べたりするのすごい楽しかった思い出があるよー。










ああいうのって何かおいしく感じちゃうよね。
今回も食べまくったよ。

たこ焼きでしょ。



焼き鳥でしょ(すでに数本食べ終わり済み...)



いか焼きでしょ




たい焼き...なんか焼きものばっかりだね...。



あと、オニオンリングとバブルティー飲んだよ。
食いすぎですか....?

食べ物食べてるときって幸せよね。

食べ物の話が出たので、子供の頃から私の好きなものベストスリーに必ず君臨する食べ物を紹介します!!って別に紹介して欲しくないかっ?!あせあせ(飛び散る汗)
それは納豆です!!
冷凍庫には常にストックあり。無くなると落ち着きません。
ゆっくりできる休日の昼など、突然納豆ごはんが食べたくなります。

今日のお昼
目玉焼きon納豆ごはん

あー幸せ揺れるハート



前回友人の大佐君に会ったとき、思いがけない納豆の食べ方を教えてもらったのよ。
日清のカップヌードルの中に納豆を1パックいれて食べるんだって〜〜!!!まだ試してません。超おいしいらしい。誰か試して...。


ずっと日本に帰国していたタイ坊のガールフレンドが戻ってきたので久しぶりに遊びました。
タイ坊ね、最近シャイなんだよね。
家ではたくさんしゃべるのに、外にでるとはずかしがってあまりしゃべらない。
あとやっぱ男の人嫌いみたいね。知らない男の人に会うと表情が固まって私にぴーったり擦り寄ってくる。それも成長の過程なんだろうけど。



「たいちゃん、お水ちょうだい!!」
「はーい、どうぞ」


「数ヶ月会えなくて寂しかったわ。」
「ぼくもだよ」
posted by Ayako at 05:28| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

Kids zone

最近気持ちのいい日続いています。

今日はダウンタウンまで繰り出し、子連れのお友達二人と遊んできました。
まずは、コミュニティーセンターの「Kids Zone」へ。
ここいいよー。
タイ坊は、まだ小さいので、遊べるものの種類が少ない
んだけど、2歳以上くらいの子には相当楽しめる場所だと思います。



その後は、イングリッシュベイへ。
お友達とたくさん遊んで、タイ坊相当楽しかったご様子。







今日はまたタイ坊さん、おもしろい事を言っていました。

朝、「パパー、パパー」とお父さんを探していたので、
「お仕事だよ」と教えてあげました。

すると、
自分のお尻をしきりに指差しているので、「何してるの?」と聞くと
「おしり、ここ」と言っています。

そこではっ、と気づきました。
この子は、「オシゴト」と私が言ったのを、「おしり、ここ」と聞こえたに違いない....(汗)。
「オシゴト」「オシリココ」確かに似てるといえば似てる...。

posted by Ayako at 14:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

牛丼屋

ダウンタウンを歩いていると、牛丼屋さんを発見。

牛丼の吉○屋に似てるよね?!


気になって入ってみました。

旦那は牛丼セット


私はショートリブセットを注文。 


ショートリブセットの方がいけてました。旦那に「交換して!」と言われ、半分以上食べられましたが....。



posted by Ayako at 06:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

2回目の風邪

先々週の週末たいちゃんが2回目の風邪を引きました。

つい1ヶ月ちょっと前に、「はじめて風邪をひきました。」なんて書いた覚えがありますが、結構続けてくるもんですね。

今回は長引きましたねぇ。熱は比較的すぐにひいたのですが、その後鼻水、咳がずっと出ていました。

そして、私、旦那、旦那の実家全員に集団感染しました。

私は、風邪をあまりひかず、ひいたとしても会社を休んだ覚えが今まであまりないのですが、今回はひっさしぶりに、熱の前にくるあの嫌なぞくぞくする悪寒を感じ、熱を出し、会社欠勤。

たい坊が鼻水垂らしながら咳をしてるのは、もちろんかわいそうなのですが、体が辛い中面倒見なきゃいけない私もかわいそうでした。はは。


最近バンクーバーは毎日天気がよく、最高の季節が近づいている気配を感じます。
週末はタイ坊とゆっくり散歩でもするかなぁ。

昨日、タイ坊がまたおもしろい事をやっていました。
タイ坊をふと見ると、どこから取ってきたのか、ブラジャーを振り回し、走り回りながら
「マミー、おっぱい、マミー、おっぱい」と叫んでいます(-_-:)

ブラジャーはおっぱいにするものと理解している様子には関心しながらも、

「息子よ....、人前でするでないぞ...。」とつぶやいたママでした。

posted by Ayako at 03:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

赤ちゃんを安全に捨てられる場所

タイトルに書いたような衝撃的な見出しの記事がローカル新聞にのっていました。

私がタイ坊を産んだ St. Paulホスピタルで、今回、エマージェンシーの入り口付近にベビーベットを設置し、そこに赤ちゃんを捨てられるようにしたとのこと。
そのベット、赤ちゃんが置かれると、30秒後にアラームが鳴るので、母親はアラームが鳴る前にその場を立ち去らなければなりません。
その後、警察が親の身元を捜索したりはせず、捨てられた子供は公的な児童養護施設または養子に出されたりするんだって。

エマージェンシーの入り口に赤ちゃんをDrop-offって、おいおい、図書館の本を返却するのと話が違うんだからさ....と記事を読みながら、怒りがこみ上げてきました。

育てられないなら、産むんじゃね〜!!という話です。病院側もこんなベッドを設置して、赤ちゃんを捨てることを奨励するような事でいいの?と読みながら思っていました。



でも後で冷静になって思ったのは、この制度は何かトラブルを抱えた母親の救世主になりうるということです。

産んだ子供を捨てたい母親なんていません。
でも人生というのは何がわかるか予測不可能なもの。

何らかの重大な理由があって、どうしても子供を育てられる状況ではなくなってしまったという人はいるでしょう。

悲しいことに、外でビニール袋に入れられて捨てられていた赤ちゃん、置き去りにされていた赤ちゃんのニュースがバンクーバーでも過去にありました。この場合、親は明らかに犯罪者です。

この制度は、そういう親を犯罪者にすることを食い止めることもできるし、子供にとっても、子供を捨てるという最悪の決断にいたる程の状況にある親に育てられるより、他の環境で育った方が幸せなのではないでしょうか。

でもこれによって捨て子が増えるのは確実でしょう。このシステムがいいのか悪いのか一概には言えませんね。
posted by Ayako at 07:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。